肌きれい

透明感がある肌にするにはニキビに気を付けた生活習慣が大切

透明感のあるお肌は女性の憧れですよね。では、具体的に透明感のあるお肌とは、どのような状態を指すのでしょうか。まず、一番重要なのは、お肌がまるで透き通るかのように白く唇の色はほんのりピンク色で血色が良く、お肌の表面はみずみずしく滑らかな事が挙げられます。

そして、くすみやクマ等も無く、ニキビや吹き出物等の凹凸が無い事も重要になってきます。これらの美肌条件を満たす為には、普段からの生活習慣(食事、睡眠)が規則正しく繰り返されているか、そして健康状態が良いかがポイントになってきます。

例えば、上記のようなお肌の悩みを抱える方でしたら、ある程度生活習慣を見直す事で、お肌の透明感を取り戻す事は可能になります。

お肌の状態は、内臓環境と直結しています。毎日不規則な生活習慣の中で、食事時間が定まらず、栄養バランスの片寄った食事をしていると、胃腸を疲れさせたり、便秘になりやすい為、ニキビや吹き出物の原因を作り出してしまいます。そして睡眠不足は全身の血行不良や冷え、更に自律神経を乱れさせ、ストレスを引き起こします。これらは、クマやくすみ等の原因になりかねません。

透明感のあるお肌を手に入れるには、毎日なるべく同じ時間に、三度の食事を取る事を心がけましょう。そして、食物繊維、ミネラル、ビタミン、鉄分、タンパク質等のお肌に良いとされる栄養素をバランス良く摂取できる食事メニューを心がけます。

睡眠時間は最低でも6時間以上取るのが、お肌の為にも最適と言えるでしょう。少しの生活習慣を変えていく事で、健康的で透明感のある美肌を手に入れましょう。