肌きれい

貧血や生理痛のほとんどは血液中のヘモグロビンが欠乏

女性の4人に1人は貧血だと言われています。ですが、ご自身で貧血だと認識されている方は少ないです。貧血のほとんどが、血液中のヘモグロビンが欠乏していることによって引き起こされます。

ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ役割をしてくれますので、欠乏すると疲れやすくなったり、イライラしてしまったり、冷え性になったりします。

また、酸素が行き渡らないと体に老廃物がたまり、生理の際に一生懸命それを出そう出そうとして、生理痛を引き起こしてしまいます。そこで、ヘモグロビンの材料となる鉄分を積極的に摂取しましょう。

よく言われていますが、食べ物だと豚や鶏のレバーには鉄分が豊富に含まれています。ほうれん草や貝類、卵黄も豊富だそうです。ドライフルーツだとレーズンに多く含まれています。

しかし、注意したいのがコーヒーやお茶などと一緒に摂取しない、という点です。コーヒーやお茶に含まれている、タンニンという物質が鉄分の吸収を妨げてしまうからです。食後少し時間をおいてから、コーヒーなどを飲みましょう。

逆に、野菜や果物に含まれているビタミンCは鉄分の吸収を促進してくれます。お肉などと一緒に摂取すれば、効果がありますね。

意識していても、そんなに沢山食べられるものではない食材ばかりです。コンビニや薬局で気軽に購入できるサプリメントで補うのも、良いかと思います。