肌きれい

肌のお手入れは洗顔・保湿・肌休めが大切です

間違った肌ケアをしていると、肌の角質細胞が未熟なものとなり、かさつきやシミの原因となったり、必要とされる皮脂の分泌量がコントロールできなくなってしまいます。

まず、水分に関してですが、洗顔後、化粧水をケチらずにたっぷりと使用して水分補給してあげましょう。手でパンパン叩く方がいらっしゃいますが、余り効果ありません。コットンに染み込ませてからでも良いかと思いますが、手のひらで温めてからの方が、お肌に吸収されやすいです。

化粧水で水分を与えたら、面倒くさがらずに乳液やクリームなどの油分を塗って、水分を閉じ込めましょう。塗る際も、こすらないように、指の腹でゆっくりと押し込めるイメージで行うのが大事です。特に乾燥を感じない箇所には、無理に油分は与えなくても大丈夫です。1日二回、洗顔後にこの作業を行うことが基本です。

このように、肌に優しいことをするのも大事なことですが、甘やかしすぎも良くないということをご存知ですか。

肌断食という言葉があります。通常のスキンケアを休んでみましょう。でも、その際はお肌の調子ときちんと相談してみてくださいね。休むと、お肌が本当に何を必要としているのかが見えてきます。

全く休むのが不安という方は、基礎化粧品を変えてみると良いと思います。いつも同じものを使用していると、お肌が怠けてしまうのです。

高価な基礎化粧品を買う必要はないです。自分に合ったものを、正しい方法でお使いくださいね。