肌きれい

肌をきれいにするには洗顔と保湿が大切

夏は汗をかき、冬は乾燥に悩まされ、年中トラブルに見舞われるお肌を、「美肌」に変身させましょう。方法は、洗顔と洗顔後のお手入れです。

まず洗顔です。

クレンジングは、『角質を除去するもの』を使用しましょう。

角質があるとお肌の代謝が悪くなり、本来入れ替わるべきお肌の細胞が蓄積されてしまいます。その結果、不要な成分(細胞や汚れ)が残り、ニキビや赤み等のトラブルに繋がります。

また洗顔料は泡で出てくるものがおすすめです。泡で撫でるようにして洗うことで、お肌と手との接触による負担が無くなります。泡で出てくるものでなくても、ネットを利用して泡で洗顔しましょう。

次に洗顔後のお手入れについてです。ここでのポイントは、水分と油分の補充です。

水分の重要さを意識している方は多いですが、油分はむしろトラブルに繋がると考えて除去する方が多いようです。しかし、油分がないとお肌のキメが無くなったり、お肌から不必要に油分が分泌され、油分不足がむしろトラブル肌を誘引します。

洗顔後は、水分を化粧水で、油分を美容液で補充します。その後、これらの成分をお肌に留めるために保湿ジェルをつけてください。そして最後にクリームでカバーして完成です。以上の方法で『美肌再生』していきましょう。