肌きれい

日焼けはお肌の大敵です

日焼けは紫外線によって起こり、シミやシワをつくる原因になります。 日焼けは肌の為には決して良くありませんし、UVケアを全くやらないのは問題です。 しかし、シミやシワが出来るのを恐れて、必要以上にケアをやり過ぎると、かえってトラブルを招いてしまう事もあります。紫外線は、1年中降り注いでおり、3月に紫外線量が増え始め、5月にかけてピークになります。シミやシワを予防し、きれいな肌にするには、この時期にUVケアをする事がオススメです。

【UVケアのポイント】
・紫外線はガラス越しでも肌に影響しますので、メイクをしない日や、ちょっと近くまでの買い物でも、日焼け止めクリームを使いましょう。
・少しの時間でも帽子や日傘を活用して紫外線対策。ニキビや脂性肌、ファンデーションを使いたくない人に向いている対策です。
・上手に日焼けするコツは、SUNカットのクリームを塗って徐々に焼き、下地を作ってからSUNオイルを塗りましょう。
・日焼けをした場合は、まず炎症を抑える為に、徹底的に肌を冷やします。その後で、化粧水や美容液、乳液などでしっかり保湿ケアをしましょう。

無理やり皮膚を剥がすと、ムラになって汚くなってしまいます。また、午前10時~午後2時は紫外線量が多いので、なるべく外出は避け、洗濯物を干す時は日のあたる方向に背中を向けて干すなど、時間や状況を考えて、出来る限り肌に負担をかけない方法でUVケアをすると良いでしょう。