肌きれい

弾力がある肌を保つためには顔の筋肉を鍛えましょう

弾力があるお肌というと、シャワーの水を弾く、パーンとしたイメージがありますね。若々しい印象を与えます。

お肌にハリを与える、ということでは、コラーゲンを摂るといいと一般的には言われています。実際、コラーゲン配合…と唱った化粧品は多いですし、お食事どころに行っても、メニューを見るとコラーゲンたっぷりです、女性の方に是非召し上がっていただきたい、といった説明がされていたりするのをよく目にします。

コラーゲン配合の化粧品を塗ったりしたくもなります。実際コラーゲンは保湿には効果的ですので、お肌自体も若返るような印象がありますよね。肌が潤いますから、弾力を取り戻したような気がしてしまいます。

コラーゲン量は年齢を重ねるとともに減少してきます。シワやたるみの原因となります。

コラーゲンは、角質層の下にある真皮というところにあります。外から取り込もうとしても角質層に阻まれて届かないのです。仮に真皮まで届いたとしても、コラーゲンは網目状になっていてその生成には到らないのです。保湿効果は高いのですが宣伝のイメージほど若返るような効果はないのが現状です。

お肌に限らず若々しい方は運動されている方に多いです。お肌の弾力を維持するためには顔の筋肉を鍛えましょう。顔筋トレーニングという方法もありますが、よく笑ったり、よく噛んだり、泣くときも思いっきり泣く、表情豊かな魅力的な人になれると思います。