肌きれい

便秘は軽く考えずに生活習慣と運動をしよう

便秘とは、誰もが経験していると思いますが、排便の頻度が少なくなるあるいは、なくなることです。このようなことが起こる原因について考えてみます。

便秘の原因は主に以下の二つであると考えます。

・筋力の低下によるもの
・生活習慣の問題による腸の機能の低下によるもの

加齢による筋力の低下により、排便が困難になるケースがあります。これは高齢者に多いことと思います。また、現代人は運動をしない人が多く、極端に運動を怠るとそのような事態に陥ります。

また、生活習慣の問題により腸の機能が低下する場合もあります。現代社会では、便意をもよおしても時間的な制約によりトイレに行けなかったりすることが多々あります。

また、仕事や会議、授業の合間にそういったことをするのが、恥ずかしいという真理的な問題もあります。そういった場合に、習慣としての排便が行えなくなります。ある意味、現代人は「排便をしない習慣をつけている」といっても過言ではありません。

便秘というと、案外軽く見ている方も多いと思いますが、しかし、実際便秘は危険なものです。滞留した便が分解することで、腸内に有害物質が充満し、それが体内に吸収され、体の不調につながったり病気になったりします。

便秘の危険性について述べるために一つの事例を示します。ある女性が便秘に悩まされていました。その女性は、便秘薬を使用し解消しようとしました。ところが、その女性の腸は、途中で閉塞しており、便が詰まるようになっていました。

そこに便秘薬を飲んだために、腸の蠕動運動が促進され、ぎゅうぎゅうに便が詰まった腸が体内でうねり、激痛のあまり死亡してしまいました。このような恐ろしいことも起こりえます。

便秘の解消方法は主に、生活習慣に関するものと運動療法です。なるべく日ごろから便を我慢せずにいけるときにトイレに行きましょう。また、食物繊維を多く取り、排便を促しましょう。

なるべく運動を行い、特に下半身を動かすことで排便を促しましょう。なるべく隙間の時間を作るようにして行っていきためにエレベーターから階段にするなど、そういったものだけでも大丈夫です。

また前述したケースのように腸閉塞などの病気が原因の場合もありますので、異変を感じた場合、すぐに医師の診断を受けましょう。