肌きれい

きれいな肌とは

女性は、「綺麗な肌の人」と耳にすると、お顔の事を浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

「お顔の肌が綺麗な人」を思い浮かべると、綺麗な状態を判断する点は、一人ひとりがコンプレックスに感じる点により違うかもしれません。私の考える綺麗な肌とは、やはりキメの細かさだと思います。肌の色が白い、染みやそばかすがない事も綺麗な肌を目指す上では目標にあげたい点になってくると思います。ですが、私が考えるにキメの細かな肌であれば多少の点は気になりません。

お顔の面積の多くはその肌で合って、染みやそばかすではないからです。よくファッション誌でモデルの方がメイクを披露されていますが、本当にキメの細かな方は実は少なく、大半の方がファンデーションやクリームで誤魔化されているように思います。ですが本当に透き通るような綺麗な肌の方なら、ファンデーションもパウダー程度、もしくは全く必要ないと思っています。

またそういう方の肌は、見ているだけで吸い込まれそうになるほど綺麗だ、と感じます。高齢の方でも染みがあっても、キメの細かな綺麗な肌の方はとても若々しく感じられます。キメが細かいということは、お肌の水分量も表しています。潤いのあるお肌という状態が、余計に若々しく感じられるのかもしれません。